中古車査定士の判断基準

中古車査定士の仕事は、主に買い取る自動車を決められた査定基準に則って査定する業務です。

さて、具体的に何をするのか解説します。

まず、中古車査定士になるためには、各協会にて行われる研修と試験を合格しなければなりません。

ここでは、査定の判定になるポイントとか判定の仕方等の研修を受けます。

中古車査定をするときは、自動車の年式、型式等の基本事項から基本価格をだします。

減点されていない、その自動車の今の買取価格です。

買取価格については、各協会から都度、価格表が更新されています。

その後、査定に入り悪いところを厳密に減点していくという作業をしていきます。

代表的なものを紹介しましょう。

  • 走行距離、車内の汚れ、外装の痛み具合、タイヤの残り溝、事故の有無
  • 走行距離ですが、当然のことながら多いと減点率が上がります。
  • 車内の汚れ具合ですが、ハンドルのスレ具合、シートのヘタリ具合、あと傷等
  • 外装の傷み具合は、凹みがあるところは、専門のシートがあってそれで測って(ヘコミの大きさ)大きさによって減点します。

傷もシートで測り減点します。

  • タイヤの残り溝は、残り何ミリという具合に査定し減っている場合は減点です。
  • 事故の有無は、(実はこれが一番大変)外装からまず判断します。再塗装されているかを判断。

あとは、フレームや、パネルの継ぎ目などから判断しなければなりません。

上手な板金屋さんで直した自動車は、結構大変です。

中古車査定士になって一番悩むのはこの作業でしょう。

これを見逃すと、お店にとって大損害になるので査定の慣れた査定士に付いて勉強しましょう。

あと、査定に持ち込まれた自動車を乗って走らすことができないので、走行についての問題も後で、出てくることもあります。

一般的に、買い取った車はオークションにかけられることが多いので後でクレームとして帰ってきます。

出来れば、エンジン音等聞いて、車がどんなコンデションにあるのか少しは解るようにしておきましょう。

改造車の買取サイト【カイゾーSELL】