カテゴリー別アーカイブ: 査定士から一言

中古車査定士の判断基準

中古車査定士の仕事は、主に買い取る自動車を決められた査定基準に則って査定する業務です。

さて、具体的に何をするのか解説します。

まず、中古車査定士になるためには、各協会にて行われる研修と試験を合格しなければなりません。

ここでは、査定の判定になるポイントとか判定の仕方等の研修を受けます。

中古車査定をするときは、自動車の年式、型式等の基本事項から基本価格をだします。

減点されていない、その自動車の今の買取価格です。

買取価格については、各協会から都度、価格表が更新されています。

その後、査定に入り悪いところを厳密に減点していくという作業をしていきます。

代表的なものを紹介しましょう。

  • 走行距離、車内の汚れ、外装の痛み具合、タイヤの残り溝、事故の有無
  • 走行距離ですが、当然のことながら多いと減点率が上がります。
  • 車内の汚れ具合ですが、ハンドルのスレ具合、シートのヘタリ具合、あと傷等
  • 外装の傷み具合は、凹みがあるところは、専門のシートがあってそれで測って(ヘコミの大きさ)大きさによって減点します。

傷もシートで測り減点します。

  • タイヤの残り溝は、残り何ミリという具合に査定し減っている場合は減点です。
  • 事故の有無は、(実はこれが一番大変)外装からまず判断します。再塗装されているかを判断。

あとは、フレームや、パネルの継ぎ目などから判断しなければなりません。

上手な板金屋さんで直した自動車は、結構大変です。

中古車査定士になって一番悩むのはこの作業でしょう。

これを見逃すと、お店にとって大損害になるので査定の慣れた査定士に付いて勉強しましょう。

あと、査定に持ち込まれた自動車を乗って走らすことができないので、走行についての問題も後で、出てくることもあります。

一般的に、買い取った車はオークションにかけられることが多いので後でクレームとして帰ってきます。

出来れば、エンジン音等聞いて、車がどんなコンデションにあるのか少しは解るようにしておきましょう。

改造車の買取サイト【カイゾーSELL】

車の買取価格は相場が決まっている

ある程度車の相場価格と言うのは決まっています。買取業者に持ち込みをして本当の査定価格を出してもらう場合、車の状態によって価格が左右されることが多いですが、相場は変わりませんので売り時と言うものが存在します。代表的な売り時がありますので、それを逃さないように査定を申し込むようにしてください。

季節による相場変動があります。オープンカーは夏場、そして四駆車は冬に活躍する車です。そのように需要に見合ったときにに売却すると思った以上に値段が上がることがあります。たとえばオープンカーであれば需要がある夏に間に合うように春までに査定に持ち込むのが正しいタイミングと言えるでしょう。当然夏を過ぎてから売却すると、思うような買取価格にならないことが多いです。

そして高い買取り価格が付く年式があります。新しい年式があれば、当然高い価格が提示されますが、相場に変動を与える年式というのは5年と言われています。ちょうど5年経過するとモデルチェンジがされる時期です。このモデルチェンジがされるまえに、売却をするのがお得です。

その理由としてモデルチェンジ発表があった後と言うのは、旧式モデルが良く市場に流通する傾向があります。新モデルを買うために旧式を手放すことが多くなります。そうなると市場価格に変動が起き、旧モデルの車が増えることで相場を持ち込むことになります。よって年式が5年経過するまえに売却を検討するのは良い時期になるでしょう。

車の無料査定を受けるなら納得が行くまで交渉を

最近は車の査定も無料で行うことができるようになりましたが、その場合に注意をしたいのが納得の行かない金額で車を手放さないということです。

無料で査定を受けると相手に手間を掛けさせているという思いを持ってしまうので、多少金額に納得の行かない所があってもその金額で売ってしまうという人も少なくありませんが、そのようなことも狙って業者側は無料で査定を行っているため金額に関しては妥協する必要はないのです。

車のように高額なものになれば、業者側としても多少手間を掛けても買取をするチャンスをつかんだ方が有利なので、ただで車を見ることぐらいなんということはないためです。

そのため、ただで見てもらってありがたいという気持ちを持つのは問題ありませんが、それと金額に対して妥協すると言うのは別の話ですから、じっくりと交渉をして納得の行く金額でなければ売らないという心構えを持つことも大切なことになります。

そこで、最初からそのようなスタンスを前面に出すためにも複数の業者から査定を受けることにして、金額の一番高いところに売るといったことを業者に伝えればよいでしょう。

それでも相手側は即決を迫ってきたりするので、それには一切答えずに他の業者との金額比較をして考えるとだけ答えることが大切です。

車の査定は気持ちの面で負い目を感じるようなことがあると、納得の行く交渉ができなくなってしまいますから、手間を掛けてもらって悪いと思う気持ちと金額は別とはっきり頭に入れておくと良いでしょう。