車の買取価格は相場が決まっている

ある程度車の相場価格と言うのは決まっています。買取業者に持ち込みをして本当の査定価格を出してもらう場合、車の状態によって価格が左右されることが多いですが、相場は変わりませんので売り時と言うものが存在します。代表的な売り時がありますので、それを逃さないように査定を申し込むようにしてください。

季節による相場変動があります。オープンカーは夏場、そして四駆車は冬に活躍する車です。そのように需要に見合ったときにに売却すると思った以上に値段が上がることがあります。たとえばオープンカーであれば需要がある夏に間に合うように春までに査定に持ち込むのが正しいタイミングと言えるでしょう。当然夏を過ぎてから売却すると、思うような買取価格にならないことが多いです。

そして高い買取り価格が付く年式があります。新しい年式があれば、当然高い価格が提示されますが、相場に変動を与える年式というのは5年と言われています。ちょうど5年経過するとモデルチェンジがされる時期です。このモデルチェンジがされるまえに、売却をするのがお得です。

その理由としてモデルチェンジ発表があった後と言うのは、旧式モデルが良く市場に流通する傾向があります。新モデルを買うために旧式を手放すことが多くなります。そうなると市場価格に変動が起き、旧モデルの車が増えることで相場を持ち込むことになります。よって年式が5年経過するまえに売却を検討するのは良い時期になるでしょう。